特化型ブログで従来のやり方80%、新しいノウハウ20%を常に追い求めているって事

特化型ブログ最新ノウハウ

OIEです。

今回のテーマは、

  • 特化型ブログで従来のやり方80%、新しいノウハウ20%を常に追い求めているって事

メルマガへの質問回答です。

質問内容は・・

  • OIEさんは、特化型ブログ・ミニ特化型ブログ・ペルソナ特化・キーワード特化など、新しい事をどんどん追加していますね。ノウハウがブレたりしないのですか?それともブレてるから新しい事を始めているのですか?

(笑)。。。

では、この質問に対して答えていきます。

既存ノウハウ80%って話

  • ブレてる!?(笑)

おい!まったくブレてないぞー(笑)

僕が新しく特化型ブログを構築する時や、記事を書いていく時・キーワード選定をする際に気をつけているのは

  • 基本に忠実

とにかく基本に忠実って事を忘れずにやっています。言い換えれば、既存ノウハウって事ですね。

無意味なオリジナル・・オリジナル・・ノウハウ。。。

この病気にかからないように、基本に忠実を守っています。

しかし・・

実は20%程、新しいノウハウも実践しています。

新しいノウハウ20%の意味

既存ノウハウ80%に新しいノウハウ20%。。。

ってどういう事?ってなりますよね。。。

まずは、既存ノウハウってのをおさらいしましょう!

既存ノウハウ

下克上や他のブログでも言っているように

  • キーワード選定
  • タイトル選定
  • 虫眼鏡キーワード
  • 関連キーワード

など中級者以上なら当たり前のノウハウを指します。

付け加えるなば、

  • 内部リンク
  • 見出し
  • トレンドキーワード

などなど”既存ノウハウ”ですね。

次に新しいノウハウって何っ?って話です。

新しいノウハウ

新しいノウハウを語る上で、外すことが出来ないのは

  • 実践・実験・検証

これらをやっていないで、新しいノウハウを語る事は出来ません。

これは辛い作業なのです(笑)。

新しいノウハウで重要なのは、

  • Googleに対してなのか!?
  • ユーザーに対してなのか!?

って事。

誰に対して、新しいノウハウを実践しているのかを理解する必要があります。

新しいノウハウを20%だけ、いつも追い求めている

新しいノウハウとか言ってますが、実際は

  • 既存ノウハウ80%
  • 新しいノウハウ20%

これが現実です。そして最適なのです。

新しいノウハウってのは、どういう事なのか具体的な例を出せば・・・

  • 特化する範囲はどのくらいが良いのか?
  • ペルソナ設定を記事に対して?ブログに対して?
  • 見出し・内部リンク等SEO対策は?
  • ミニ特化型ブログでPV数は集められるのか?
  • 検索ボリュームに対して、PV数はどう推移するのか?
  • あの人はこう言っていたが、実際はどうなのか?
  • 被リンクって本当はどうなのか?
  • アドセンスの配置はどうなのか?
  • アドセンスのサイズはどれが最適なのか?
  • 文字数?細分化?長文?ピンポイント?

などなど、とにかく実践してみて、検証していく姿勢を持っています。

既存+新=最先端

僕はこう思っています。

  • 既存+新=最先端

意識するかしないかは別として、常に上記の方程式で進化していきます。

ペラサイトでも良い時代もあったらしいし、文字数500文字で上位表示していた時代もあったらしい。

しかし

【その時】新しいノウハウを常に20%だけでも追いかけていた人達は、時代が変わった時・・先頭にいたと思います。

常に、既存ノウハウだけをやっていた人は、沈んでいったでしょうね。

だから僕は、今は必要ないかもしれない

  • 新しいノウハウ

を20%だけでも常に追いかけているのです。

来るべき時代に先頭を走るために。。。。

ではまた!

 

 

リアルな体験談をレポートでお届け

ミニ特化型ブログ

現在進行系!実戦データ完全公開中!

  • 特化型ブログ実践記【7ヶ月目】。アドセンス・物販共に最高収益を更新!
  • 特化型ブログ実践記【6ヶ月目】半年。40万PV達成!収入はどのくらい伸びたのか?
  • 特化型ブログ実践記【5ヶ月目】。記事更新はゼロ!フレッドアップデートの影響は・・
  • 特化型ブログ実践記【4ヶ月目】。記事数を全くいれない放置でしたがPV数はアップ!
  • 特化型ブログ実践記【3ヶ月目】20万PV達成!記事数は155記事になりました!
  • 特化型ブログ実践記【2ヶ月目】。記事数は100記事を超え!1日最大1万PV達成の月
  • 特化型ブログ実践記【1ヶ月目】。トレンド記事の小爆発からの安定
  •  

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください