OIEです。

今回のテーマは、

  • 特化型ブログの向こう側には、常に人がいる。。欲しい人がいるのか?って事に集中するべき。

メルマガへの質問や、添削をしていると・・

  • それ・・誰が読みたいの!?

ってブログが多いのも事実です。。これ本当に。。

いつも僕が言っている、ペルソナやターゲットと関連はしていますが、もっと初歩的な問題なのかなと。。

ここらへんを突っ込んで書いていきたいと思います。

専門家ではない人の、説明系サイト

よく見かけるのが・・

  • 専門家でもない人の、説明系サイト(ブログ)

一番読みたくないし、誰にもメリットがないブログですね。

例えば・・

  • 子供の〇〇病を治す方法!
  • ハゲに効く成分の説明

など・・専門家でもない人の話を誰が聞きたいの?ってヤツ。。

僕がアナリティクスを語るより・・

僕の事例を挙げてみると・・・

  • アナリティクスの正しい使い方
  • アナリティクスの設定方法
  • サーチコンソールとは?

など・・僕が書くよりも、専門家が書いたほうがよっぽど分かりやすいです。

よくアフィリエイターやブロガーさんで書いている人がいますが。。。。

しかし、同じアナリティクスの話でも、

  • 僕は〇〇のためにアナリティクスを使っています!
  • 僕が使っているサーチコンソールの機能!
  • 僕が見ているのは、〇〇の数字だけ!理由は・・

といったように、

  • 僕の使い方

なら、誰かが欲しい情報だと思います。

なぜなら・・アナリティクスはややこしい数字や、難解なデータが大量にあって、

  • 結局何をどう見て、何に活かせばよいのか?
  • 重要な数字は何処なの?

っていう潜在的な疑問に答えているからですね。

同じようなサイトばっかりでは・・

よくメルマガへの質問に、

  • 〇〇ってジャンルでやっても大丈夫ですか?

って質問が毎日のようにきます。。。

気持ちは分かりますが、もう一段階深く考えてください。

適切な質問内容として、

  • 〇〇ってジャンルで、ペルソナ&ターゲットは〇〇に向けてはどうですか?

だったら質問に答えられるのですね。

ジャンルで言えば、20個くらいしか無い

特化型ブログでジャンルと言っても・・

  • 多くて20個くらいしか無いのでは?(1人の人が思いつくのは。)

って思います。

何が言いたいかというと、

  • 特化するジャンルの〇〇という人に向けて書く!ってとこまでがジャンル

と言っても過言じゃないって事。

”人”を意識する必要

とにかく、人を意識する必要があるって事です。

どこかの説明サイトをリライトした、特化型なんて本当に無意味ですよね。

キーワード選定をする際も、

  • このキーワードで調べて”人”が何を知りたいのか?
  • このキーワードで調べてくる”人”はどんな”人”!?

しっかりと意識してください。

最初はややこしく感じるかもしれませんが、慣れてくると

  • ペルソナが無ければ、記事を書けない
  • ペルソナ設定していると、記事が書きやすい

って状態になりますから。。

まとめ

まとめると、

  • 全ては、読む人がいるって事

これにつきます。言い換えれば、

  • 読む人がいなければ、無意味(稼げない)

って事になりますね。

特化型ブログのジャンルを考えたり、キーワード選定をする際に、

  • どんな人に向けて?

って事を忘れないでくださいね。くどいですが。。。

ではまた!!

リアルな体験談をレポートでお届け

ミニ特化型ブログ

現在進行系!実戦データ完全公開中!

  • 特化型ブログ実践記【7ヶ月目】。アドセンス・物販共に最高収益を更新!
  • 特化型ブログ実践記【6ヶ月目】半年。40万PV達成!収入はどのくらい伸びたのか?
  • 特化型ブログ実践記【5ヶ月目】。記事更新はゼロ!フレッドアップデートの影響は・・
  • 特化型ブログ実践記【4ヶ月目】。記事数を全くいれない放置でしたがPV数はアップ!
  • 特化型ブログ実践記【3ヶ月目】20万PV達成!記事数は155記事になりました!
  • 特化型ブログ実践記【2ヶ月目】。記事数は100記事を超え!1日最大1万PV達成の月
  • 特化型ブログ実践記【1ヶ月目】。トレンド記事の小爆発からの安定
  •